Home > 技術 > Oracleで実行計画(Plan_Table)を確認する方法

Oracleで実行計画(Plan_Table)を確認する方法

SQL文を作成するときに気をつけなければならないのは、Indexを貼っているにもかかわらずテーブルに対してフルスキャンしてしまう場合である。

それを発見するためには、Oracleの実行計画を眺めてどこがダメかを判断する必要がある。

まずはPlan_Tableを作成し、実行計画を見れるようにする。
以下のSQL文を実行すれば作成される。

create table plan_table (
statement_id varchar2(30),
timestamp date,
remarks varchar2(80),
operation varchar2(30),
options varchar2(30),
object_node varchar2(128),
object_owner varchar2(30),
object_name varchar2(30),
object_instance numeric,
object_type varchar2(30),
optimizer varchar2(255),
search_columns number,
id numeric,
parent_id numeric,
position numeric,
cost numeric,
cardinality numeric,
bytes numeric,
other_tag varchar2(255),
partition_start varchar2(255),
partition_stop varchar2(255),
partition_id numeric,
other long
);

細かい設定は以下から参照。
実行計画表示のための設定

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://hisasann.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/347
Listed below are links to weblogs that reference
Oracleで実行計画(Plan_Table)を確認する方法 from HouseTect, JavaScriptな情報をあなたに

Home > 技術 > Oracleで実行計画(Plan_Table)を確認する方法

Tag cloud
月別アーカイブ
Powered by
Powered by
Movable Type Commercial 4.261

Page Top