Home > 考え方 > サラリーマンと刑務所の労働時間の比較

サラリーマンと刑務所の労働時間の比較

サラリーマンって・・・

給料で生計を立てている人である。

via: サラリーマン - Wikipedia

となっているが、なんか日本ではすごく聞こえが悪いようになってきていると思う。というのも海外から来たビジネスパーソンが一番畏怖しているのは、日本人サラリーマンの電車での衰退っぷり!
まぁ世界からは働き者の日本人という良いイメージはあるが、結局のところ日本の「サラリーマン」という言葉が悪い方向へ進んでいるのには変わりない。

おそらく若い人たちから見たサラリーマンは、ちょっぴりだらしなくスーツを着こなし、電車の中でボ~っと空を見ている状態?かな。

ITの世界がじょじょに学生から人気がなくなる3Kがあるように、今後この間違ったサラリーマン解釈が進行していくのでしょう。(ボクもずうっと子供のころスーツ着てる人がサラリーマンだと思ってたw)

だってみんな給料もらっているからサラリーマンだもんね。


以下とっても興味深い考え方をご紹介。
日本における罪に対する罰の重さ - 異聞録より。


         刑務所            サラリーマン
----------------------------------------------------------------------------

労働時間  8時間厳守         大体10時間以上
----------------------------------------------------------------------------
始業時間  7時50分          8時30分~9時
----------------------------------------------------------------------------
終業時間  16時30分         21時~24時
----------------------------------------------------------------------------

通勤手段  徒歩数分          満員電車1時間
----------------------------------------------------------------------------
昼食     食う              食えない日がある
----------------------------------------------------------------------------
夕食     食う              食えない日がある
----------------------------------------------------------------------------

夕食後    テレビや読書など自由  仕事
----------------------------------------------------------------------------
残業     全くない           ない日がない
----------------------------------------------------------------------------
残業代    残業がないから無い   残業あっても無い場合がある
----------------------------------------------------------------------------

休憩     午前午後それぞれ15分 上司次第
----------------------------------------------------------------------------
土日祝    確実に休み         出勤する日もある
----------------------------------------------------------------------------
年数     刑罰に応じる        自動的に40年
----------------------------------------------------------------------------

上の表では明らかに刑務所内のほうが、仕事をする時間や趣味の時間にゆとりがある。
まぁ刑罰が一生付いてくるのを差し引いて、やっぱりサラリーマンの過酷労働が伺える。
(ぶっちゃけ火消しに回された場合はこんなもんじゃありませんがねw)


最近第2の電車男か?と思わせるほど、文章能力の高い2chのスレを読んでて、日本のIT企業が抱えてる問題はずうっと前からなんも変わっていないように感じてしまう。
「キツい、帰れない、気が休まらない」の3Kが露骨にも、そして赤裸々に語られてる以下スレを読んで果たしてこの分野に進みたいと思う学生さんはいるのでしょうか?

それでも、プログラム好きの人は「全然問題ありませんっ!」となるとは思うんだけど、結婚して子供が出来てもその状態は続かないと思うから、結局のところある程度、信用と信頼がある職場のほうがボクは安全だと思う。
そういった職場を探すリテラシーが転職するときに必要そうだな~。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない 2

第二部:ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

第三部:ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

さてと今日もサラリーマン!ガンバリますかっ!

■関連サイト
スラッシュドット ジャパン | IT企業は3K職場になったのか?

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://hisasann.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/690
Listed below are links to weblogs that reference
サラリーマンと刑務所の労働時間の比較 from HouseTect, JavaScriptな情報をあなたに

Home > 考え方 > サラリーマンと刑務所の労働時間の比較

Tag cloud
月別アーカイブ
Powered by
Powered by
Movable Type Commercial 4.261

Page Top