Home > 技術 > Eclipseでファイル数が膨大のときに使えるショートカット

Eclipseでファイル数が膨大のときに使えるショートカット

リソースを開く

ファイル数が少なくパッケージ・エクスプローラーなどから無理なくファイルを探し出せる場合はよいのですが、プロジェクトが何個も並んでどこにあったか探すのが面倒なときがあります。

そんなときはリソースの名称を指定して探せる便利なショートカットを使ってパパッと目的のソースに出会っちゃいましょう。

Eclipse上で「Ctrl + Shift + R」で「リソースを開く」ウィンドウが表示されるので、後は探したいファイルの名前を入力し、見つかっただんかいでキーボードの下ボタンを押してEnter!
これでサクッと目的のソースにたどり着けます。

Eclipseを使ってる人は結構重宝しているみたいです。

型を開く

↑で紹介したリソースを開くに似ているのですが、これはファイル名ではなく型を指定して目的のソースにたどり着く方法です。

やり方は「Ctrl + Shift + T」です。

プロジェクトに追加しているJarの中まで見に行ってくれるので、JDKやStrutsのソースを登録している場合にはFrameworkの中までサクッと見に行けちゃいます。
これもまた重宝しそうなショートカットですね。

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://hisasann.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/915
Listed below are links to weblogs that reference
Eclipseでファイル数が膨大のときに使えるショートカット from HouseTect, JavaScriptな情報をあなたに

Home > 技術 > Eclipseでファイル数が膨大のときに使えるショートカット

Tag cloud
月別アーカイブ
Powered by
Powered by
Movable Type Commercial 4.261

Page Top