Home > 技術 > Mac OS X LeopardにTomcat6をインストールしてみた

Mac OS X LeopardにTomcat6をインストールしてみた

Tomcatのダウンロード

以下のサイトからtar.gzのファイルをダウンロードする。
Apache Tomcat - Apache Tomcat 6 Downloads

Tomcatのインストール

まずはダウンロードしたファイルをTomcatをインストールしたい場所に移動します。
ここでは「/usr/local/tomcat」にしました。

mkdir /usr/local/tomcat
sudo mv apache-tomcat6.0.16.tar.gz /usr/local/tomcat

まずはダウンロードしたファイルを展開します。

cd /usr/local/tomcat
sudo tar zxvf apache-tomcat6.0.16..tar.gz 

すると「/usr/local/tomcat/apache-tomcat6.0.16」ディレクトリができるので、こいつにシンボリックリンクを貼ります。
以下のエントリーを参考にしました。
CreativeStyle - Mac OS X(Leopard)にTomcatをインストール

sudo ln -s /usr/local/tomcat/apache-tomcat6.0.16/ /usr/local/tomcat/current

こうしておくと「/usr/local/tomcat/current」がapache-tomcat6.0.16と同じ意味になるのでこれは便利。

JAVA_HOMEを設定

Tomcatが参照できるようにJAVA_HOMEを環境変数に設定する。

export 環境変数として変数を設定する 書式 export 変数名[=設定する値]

via: UNIXコマンドリファレンス
echo export JAVA_HOME=/Library/Java/Home >> .bash_profile

権限を付与する

sudo chown -R username:staff apache-tomcat-6.0.16
sudo chown -R username:staff current

WTPを使ってServerを立ち上げようとしたのですが、上記権限を付与せずに実行したらエラーが出てハマってしまった。
この権限を付与せずにWTPのServerを作っても「Servers」ディレクトリには何も作成されないので、Eclipse側からエラーが出ていました。

Tomcatを起動する

sudo /usr/local/tomcat/current/bin/startup.sh

「http://localhost:8080/」にアクセスするとTomcatのネコが表示されればOKです。

ApacheはLeopartに初めから入って入っているんだけど、Tomcatは入っていないんですね。
インストールするのが勉強になったので、OKです!w

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://hisasann.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1008
Listed below are links to weblogs that reference
Mac OS X LeopardにTomcat6をインストールしてみた from HouseTect, JavaScriptな情報をあなたに

Home > 技術 > Mac OS X LeopardにTomcat6をインストールしてみた

Tag cloud
月別アーカイブ
Powered by
Powered by
Movable Type Commercial 4.261

Page Top