Home > Mac > Mac OS XにFlex3 SDKをインストールしてみよう

Mac OS XにFlex3 SDKをインストールしてみよう

  • 2008-09-22 (月)
  • Mac

ActionScript3.0を勉強してみたいけど、Flashとか買うのは高いしな〜という人にはFlexがオススメです。
Flex 3 SDKは無料で提供されているフレームワークなので、何も買わずにFlash同等の機能とActionScript3.0で遊ぶことができるのです。

ところでFlexってなあに?

Flashではタイムラインというちょっとプログラマには不慣れな方法でアニメーションを作成したり、もちろんActionScriptも使えますがフレームの初めでタイムラインを停止したりと何かとタイムラインが重要になってきます。
その点FlexはXMLファイルを作成して、そこにまるでHTMLのようにオブジェクトを配置していくという方法を採用しています。
これでWebプログラマの人たちでも容易に触ることができるのです。
ただしFlashで作成してもFlexで作成しても同じswfというFlashのファイルが作成されます。その部分はおんなじですね。

たとえば以下のブロックはFlexで作られています。

クリックするとテキストボックスの文字が変わるだけのすごくシンプルなFlashです。
いわゆるHelloWorld的なやつです。

コードは以下の感じのように、HTMLっぽくないですか?
クリックしたときのスクリプトもmx:Scriptタグを使っているので、HTMLのscriptタグとおんなじですね。

Flex 3 SDKをダウンロードする

Adobe - Flex 3: Downloads
まずは上のリンクからFlex 3 SDKをダウンロードします。
真ん中あたりにある「I have read the Adobe Flex 3 SDK License」にチェックを付けて、「Download the Flex 3.1 SDK for all Platforms 」をクリックすればダウンロードが開始されます。

ダウンロードが終わったら適当なフォルダに展開します。
そしたら環境変数にPathを通しましょう。
Mac OS Xで環境変数にPATHを追加する方法でその方法を書いたので参考にしてください。

コンパイルしてブラウザで表示してみる

環境が整ったら、とりあえず上で紹介したFlashを作成してみましょう!
ソースは以下から見ることもできます。
ソース

今回はHelloWorld.mxmlファイルを作成します。
Flexで上記のコードのように、タグ構造で書いたファイルはmxmlという拡張子で保存します。お約束ってやつですね。

作ったらそのファイルがあるディレクトリに移動して以下のコマンドを打ってswfファイルを作成します。
このコマンドラインから作成するってところがアナログ感があってボクは好きです。実際Flex BuilderというIDEを使うともっと簡単にswfファイルを作成したりできますが、とりあえずここはアナログ志向で。

mxmlc HelloWorld.mxml

HelloWorld.swfファイルが出来たらあとはブラウザにドラッグとかしてみてください。
見えましたか?

まとめ

Flexの導入は意外と簡単で、他のプログラミング環境を整えるより敷居は低いと思います。
Flashを体感したいWebプログラマはとりあえずインストールして、動く環境を整えとくとFlashで遊びたくなったときに効果的です。

今後ちょいちょいFlexを使ったお遊び程度のことを紹介していきたいとおもいます。
(ボクもスーパー勉強中です!)

あと良い点はエラーコンソールが日本語なとこ!
デバッグ作業とかで英語がずら〜よりは全然理解しやすいから、他の言語を触っている人ならすぐにエラー箇所を発見できます。
もちろんSDKのリファレンスも日本語です。
Adobe® Flex™ 3 リファレンスガイド

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://hisasann.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1126
Listed below are links to weblogs that reference
Mac OS XにFlex3 SDKをインストールしてみよう from HouseTect, JavaScriptな情報をあなたに

Home > Mac > Mac OS XにFlex3 SDKをインストールしてみよう

Tag cloud
月別アーカイブ
Powered by
Powered by
Movable Type Commercial 4.261

Page Top