Home > 技術 > Twitterがクリックジャッキングを防止している方法

Twitterがクリックジャッキングを防止している方法

いつの間にかクリックジャッキングという脅威が発見されて、これはこれで恐ろしいな~と思いメモしとく。

クリックジャッキングとは、透過指定されたiframeなどの要素に標的サイトのコンテンツを読み込み、これを攻撃者サイトの要素よりも上に配置することで、Webブラウザの画面上には攻撃者サイトの要素だけを表示させ、その上でユーザーが行うクリック操作を標的サイトに対して行わせるもの。


via:
主要ブラウザすべてに影響する「クリックジャッキング」攻撃とは

なかなか巧妙だが確かにできる手法ではある。
また透過されているのでサイト訪問者は攻撃者サイトを見ていると思い込んでいるが、実は標的サイトが前面にきているのでもしボタンやテキストボックスの位置をうまいこと偽装すると容易にログイン情報などを盗み取れてしまう・・・怖い

2月にもTwitterがこの攻撃を受けて意図しない投稿をさせられてしまうという事例があったそうな。
んで、ローカルでiframeを読み込むHTMLを作成し、「http://twitter.com/home」を読み込んでみた。

一瞬普通にTwitterのホーム画面が出るが画面のレンダリングが下のほうに達すると何も表示されなくなったので何かしら対応したのだろう。

どのように対応したかは以下のソース。

攻撃者サイトがiframeで標的サイトを読み込んでいる

まずここでは標的サイトをiframeで読み込む。

標的サイト側ではwindow.top !== window.selfで不正に読み込まれたか判断している

window.top !== window.selfで自分自身がtopでない場合にinnerHTMLを空文字で上書きしている。
確かにこれならクリックジャッキングを防げそうだが、ブラウザのscriptが無効になっていると意味がない。

対応策

IE8 RC1にクリックジャッキングの問題を解決した機能が実装されているようだが、これはIE8の普及率に依存しそうだ。

FirefoxユーザーならクリックジャッキングにFirefox+NoScriptで対抗できるのか?で紹介されているNoScriptを入れて「<IFRAME>の禁止」にチェックを入れれば防げそうだ。
だたGoogle Adsenseはiframeを使って広告を出しているから、広告費で生計を立てている企業からするとこれはこれで痛そうだw

現時点ではこれぐらいしか防ぐ手立てがないようなので、信頼していないサイトでは閲覧のみにして入力するなどは控えめにしたほうがよさそうということですね。

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://hisasann.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1161
Listed below are links to weblogs that reference
Twitterがクリックジャッキングを防止している方法 from HouseTect, JavaScriptな情報をあなたに

Home > 技術 > Twitterがクリックジャッキングを防止している方法

Tag cloud
月別アーカイブ
Powered by
Powered by
Movable Type Commercial 4.261

Page Top