Home > 技術 > MacにGoogle日本語入力を入れている場合、VMwareFusion側のeclipseのCtrl+Shift+Rが効かない場合の対処

MacにGoogle日本語入力を入れている場合、VMwareFusion側のeclipseのCtrl+Shift+Rが効かない場合の対処

非常に地味な話ですが、
Mac側にGoogle日本語入力をインストールしていて、かつVMwareFusion側のWIndowsにもGoogle日本語入力入れていて、
Windows上でeclipseを使う場合、Ctrl+Shift+RがGoogle日本語入力の再変換というキーボードショートカットに奪われてしまう場合の対応になります。
(この需要あるのかな。。。)

VMware側のMac OS キーボードショートカットを無効にする

ちょっとこれしたくなかったのですが、eclipseでCtrl+Shift+Rが使えないのは、ラーメンを前にしてレンゲがないぐらいに大変なことなので、やるよ。僕やるよ。

スクリーンショット 2012-02-07 13.21.08.png

VMwareFusionの環境設定→キーボードとマウスで、
「Mac OS キーボードショートカットを有効にする」のチェックを外します

Mac側の設定はこれだけ。

ソフト毎にIMEを切り替える「あいち」をWindowsに入れる

このソフトを使うと、ソフト毎にどのIMEを使うかを自動で切り替えてくれる。
つまり、eclipseはMicrosoft IMEだけど、それ以外のソフトではGoogle日本語入力を使う。
といったことが可能になる。

■ダウンロード
プログラミング研究所 - あいち

どうやるかは以下の記事が非常に参考になる。
窓の杜 - 【REVIEW】アプリケーションごとに利用するIMEを自動で切り替える「あいち」

僕は、対象のソフトがアクティブになった場合に出る通知機能は無効かしました。

Windows 7 x64.png


これよりももっといい方法あるとは思うんですが、いまいちわからなかった。
一個デメリットは、Windows側でCmd+Tabすると、エアロが起動してしまうこと。
Mac側のアプリ切り替えが動いて欲しいが、ショートカットを無効化してしまっているので、ここはしょうがないですね。

まとめ

  1. VMwareFusionのMac OS キーボードショートカットを無効にする
  2. あいちをWindowsにインストールする
  3. eclipseの場合にMicrosoft IMEにするようにする

こんな感じですね。

VMware Fusion 4 プロモーション期間限定優待版
アクト・ツー (2011-10-14)
売り上げランキング: 187

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://hisasann.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1281
Listed below are links to weblogs that reference
MacにGoogle日本語入力を入れている場合、VMwareFusion側のeclipseのCtrl+Shift+Rが効かない場合の対処 from HouseTect, JavaScriptな情報をあなたに

Home > 技術 > MacにGoogle日本語入力を入れている場合、VMwareFusion側のeclipseのCtrl+Shift+Rが効かない場合の対処

Tag cloud
月別アーカイブ
Powered by
Powered by
Movable Type Commercial 4.261

Page Top