Home > ブログ

ブログ Archive

Wordpressの画像アップロードを激的に便利にする方法

以下のJavaScriptファイルに

wp-admin/js/media-upload.js

send_to_editorという関数があるので、その中の以下の部分を書き換えるとアップロード後や投稿に挿入後に再び画像アップロードのレイヤーが表示される。

これで、

  • 複数ファイルをアップロード
  • 名前を変更する
  • 変更を保存する
  • ひとつずつ画像を投稿に挿入する

という手順ができるので、激的に作業が速くなる。


Wordpressを使っているとどうしても画像のアップロードのところの面倒くささがあって、記事を書くのが少しおっくうになるが、これで少しでもブログを書くのが楽しくなれば幸いです。

■関連リンク
WordPress › フォーラム » 画像の「投稿に挿入」の効率化

Movable Typeを3.3から4.2にアップデートした

mt4.jpg

本当はもっと早くにアップデートしたかったんだけど、こうゆう作業はどうしても面倒になっちゃう。
WordPressを2.7にアップデートしたのほうでWordPressのほうはもう終わってるので、MTのアップグレードをやってみた。

移行するのもいろいろハマるポイントもあったのでメモメモ。

既存のMTをバックアップする

サーバーに置いてるmtフォルダ配下をすべてローカルにコピーする。

Cyberduck .jpg

ボクはCyberduckというFTPアプリを使っているので、ドラッグアンドドロップでローカルへのコピーが完了します。

MT4をダウンロードする

個人で使用しているのでシックス・アパート>Movable Type 4 個人ライセンス(無償)からダウンロード。

MT4をサーバーにアップする

これもFTPツールを使ってアップするだけ。

dbフォルダとmt-config.cgiをサーバーにアップする

ボクはDBをsqliteを使用しているので、dbフォルダをアップしています。

mt-config.cgi

後は設定ファイルのmt-config.cgiをアップすれば、以前の設定を引き続き使えるようになります。

使っていたプラグインのインストール

ブログ内にコードを書く場合、textareaとかpreを使うと思いますが、この中のコードにも<br>が付いちゃうのを防ぐために、ModTextFilter.plというのを使っています。

なのでこのファイルをpluginsフォルダに入れて、記事編集のフォーマットのところを見たら文字がエスケープされてる・・・

なので調べてみたら、改行テキストフィルターという文字がエスケープされた状態で書かれていたので普通に文字列にしたらなおった。

「改行を変換する」を改良するプラグイン - The blog of H.Fujimoto

ウィジェットの設定

ウィジェットの設定が初期化されていたので、前と同じような順番で項目を追加していった。

これで一通りの作業は終わり。

まとめ

mt4.jpg

とりあえず再構築が大分速くなったのがありがたい。
今までデザイン修正したくても再構築に時間がかかりすぎてたのでやっていなかったからこれからちょいちょいいじるかも。

でも画像をアップロードするウィンドウのJavaScriptがバグっててoverlayのレイヤーが自動で閉じない・・・
なのでFirebugでdisplay:none;にしてやっこさこの記事を完成させた。
何か策はあるんだよね・・・w


やっとMT4にアップデートしたど〜〜!

Movable Typeで最新の投稿をJSONPで返す方法

例えば他のドメインから自分のブログの最新記事を取得したい場合に使える方法だと思います。
今回hisasann.comを作っていて、このブログの最新記事を取得するにはどうやるんだろうと思って試してみました。

本来ドメインが一緒なので普通にAjaxで取得すれば良いのでしょうが、たいていhtmlファイルの制作はローカルで行うと思います。
このローカルにあるhtmlファイルからAjaxを使うとなると、JSONPで取得しておけば特に問題なく動くので便利かと。
普通にXMLHttpRequestだとクロスドメインの問題が出てきちゃいますもんね。

JSONPを返すためのページを作る

ボクはまだMTは3.35を使っているので、4以降のバージョンの方とは画面が少し違うかもしれません。

まずはテンプレート画面でテンプレートを新規作成リンクをクリックします。
Movable Type Publishing Platform

テンプレート名: ここは適当に
出力ファイル名: のちのちここのファイル名に対してアクセスするのでそれっぽく。たとえばentry_jsonp.htmlとかね

テンプレート内容のところに、

と書いて、htmlプロパティを持つハッシュ(連想配列)を作って、それを引数に取るjsoncallback関数を呼ぶように記述します。
MTEntriesタグのlastn属性は件数になるので、上の状態だと10件になります。

jQueryのgetJSONを使って取得してみる

callback=?とGETパラメータを渡していますが、これをするとgetJSONの中でJSONPへのアクセスだということになりscriptタグを生成してくれます。
そのときにcallback=?の?の部分に「jsonp1237786446434」のようにjsonp+現在時刻のようなfunction名を付けて、サーバーから帰ってきたときにcallback関数が呼び出されるようにしています。
ただし今回サーバーから送られてくるデータにはjsoncallbackという関数を呼び出すようになっているので、getJSONの第2引数は呼び出されません。
(MTのページでGETパラメータを取得する方法があるのなら、ちゃんと関数名を取得できるんですが方法が分かりませんw)

なので呼び出されるのはあくまでもレスポンスで返ってくるjsoncallback関数になります。

実際のURLはこんな感じ。

http://hoge.com/recent_entries.html?callback=jsonp1237786446434&_=1237786447501

今回MTからのJSONP取得をMTで作るページからやってみましたが、もっと良い方法があるかもしれません。
実際に1つactionを作って、そこからJSONPを返すのも勉強になりそうです。
ただしPerlを使えなければなりませんが・・・w

■参考リンク
[鏡] 入門 JSON 3 -- JSONP とコールバック関数 -- 戯れ言++

Random Image Plugin for Wordpressで過去記事を蘇らせる

DigitalGrounder.COM, 6D775916306E30C730B830BF30EB30A230FC30C830D630ED30B0
NewsWalker.NETさんで知りました。

Wordpressはコンパイル型CMSではないので毎回PHPが実行されてMTと比べるとレンダリングに時間がかかってしまいます。
なので、ボクはここ最近1個のプラグインしか起動させていませんでした。
(前はいろいろ起動してたら深夜にめちゃくちゃ遅くなって10秒とかかかってしまっていました。)

とはいってもプラグインは魅力的で入れればソレ相当の楽しさがあるので、久々にチャレンジ。
今回はRandom Image Plugin for Wordpressというもので、過去記事からランダムに画像+リンクを表示してくれるというすぐれもの。

画像の個数やスタイルの指定までできるので、サイドバーが細いブログでも問題ありません。
←で表示している画像はランダムに表示した場合です。結構いい感じに表示してくれます。

いやはやこりゃ便利だ!

ダウンロードは以下から。
Random Image Plugin for WordPress - Justinsomnia

■参考リンク
WordPressプラグイン『Random Image plugin』を使って過去記事を掘り起こす。 - HAAYA
こちらの記事ですべてまかなえました。

Syntaxhighlighterでコードにシンタックスハイライトを付ける

syntaxhighlighter - Google Code

ブログにコードを書くことはしばしばあるのですが、これが意外と面倒でした。
はてなダイアリーとか使っていればスーパーpre記法で自動でシンタックスハイライトされますが、Movable Typeはそこまで親切じゃありません。

そんなコーダーブロガーを助けてくれるのが、このsyntaxhighlighterです。
以下のサイトで詳しく導入方法がのっているので、ブロガーでコーダーのかたは是非チャレンジしてみてください。

Movable Type 備忘録 - dp.SyntaxHighlighter

■syntaxhighlighterのダウンロードサイト
syntaxhighlighter - Google Code

Javascriptのファイルを何個かロードするので多少遅くなるかもしれませんが、これもシンタックスハイライトのためです!

ただちょっとよくわかっていないのが、syntaxhighlighterにシンタックスはハイライトをさせるのにTextareaを使っているのですが、MTの自動改行がオンになっているとTextareaの中のコードにまで<br />が入っちゃうのでこれをなんとか阻止できないもんか・・・

なのでコードをエントリーに書くときは自動改行をオフにしてやってます。
でもこれだと改行したいところで<br />を自分で入れないといけないのですごい手間です。う〜ん。

メルトダウンなブログパーツ「映画:ハプニング」

画面のHTML全体が画面の下のほうに落っこちてしまうメルトダウンなブログパーツをご紹介。
JavaScriptでHTMLエレメントを下のほうに移動するようにしていると思うんだけど、これは面白いな〜。
上のバナーをクリックすると始まりますが、こちらから個別ページで試したほうが良いかもしれません。下のほうから崩壊していくので、結構時間が掛かっちゃう。

実はこのブログパーツを作られた方のブログは以前からチェックしていたのですが、meltdown.jsを作ったからこのお仕事が舞い込んできたそうです。すげ〜。
何かが起きる!映画「ハプニング」のブログパーツ - KAZUMiX memo

ブログパーツは以下からどうぞ。
映画「ハプニング」オフィシャルサイト

ブログにかわいいリボンが付けられるサービス「QuickRibbon」

ブログにかわいいリボンが付けられるサービス「QuickRibbon」

ブログにかわいいリボンが付けられるサービス「QuickRibbon」

Online Ribbon Generator Tool

自分のブログにちょっとしたアクセントとして画面右側にリボンを付けれるサービス。

このリボンはURLを指定してクリックするとそのURLに飛べるようにすることも出来るのでちょっと便利。
色指定も3色でき、グラデーションを掛けられるので単色じゃなく自由に遊べます。

ボクも違うブログに相互にアクセスできるようにリボンを付けてみました。

WordPressの最初の記事の下にAdsenseを表示する方法

WordPressの最初の記事の後にだけアドセンス広告を表示する方法
で紹介されていたのですが、外部ファイルにAdsense用のスクリプトを記述しなきゃいけないのとカウンターを使った方法が良く分からなかったのでメモ程度に残しておきます。

  1. WordPressのテーマエディタから「メインインデックスのテンプレート」を開きます。
  2. 記事情報をループしている箇所を探し出し、IF文を入れて1つ目の記事の下に表示するようにする。

以下サンプルコードです。

php while (have_posts())のループが記事を表示する部分なので、その前で$loopcounterに1を入れておきます。
Adsenseを埋め込みたい箇所は最初の記事の下なので、IF文で$loopcounterが1かどうかを確認して1の場合に表示しています。
最後にループが次の記事に行く前に$loopcounterをインクリメントしておけばOK。

PHPをやったことない方でも少しいじくれば自分オリジナルになりますね。

<?php $loopcounter = 1; ?>
 <?php while (have_posts()) : the_post(); ?>
  ここに記事情報を表示する処理が記述されています
  <?php if ($loopcounter <= 1) : ?>
    Adsenseを埋め込むコードを記述する
  <?php endif; ?>
  <?php $loopcounter++; ?>
<?php endwhile; ?>

ブログを読み書きしない知情意の欠乏

なぜブログを読み書きしないのか?知情意の欠乏という現代の病

「ICTほぼ無料開放時代」に生きているのにどうしてブログを書かないのか?
と言った問いかけが印象的だった。

講師の方が学生たちに向けて質問した内容は以下の通り。

  1. 本日,社名や私の名前で事前にネット検索しましたか?
  2. 私の会社のWebサイトや関連記事を読みましたか?
  3. 私の個人ブログや連載コラムを読みましたか?
  4. 私の著書を買って読みましたか?
  5. 私の好きな映画や本を知っていますか?
  6. 毎回,一番前の席で授業を受けていますか?
  7. 毎回,1つは質問をしますか?
  8. 毎回,社外講師と名刺交換をしますか?
  9. 毎回,今日の感想などを自分のブログに書いています?
  10. 毎回,お礼状やお礼メールを書いていますか
  11. 好きな講師のメルマガやブログを登録して読み続けますか?
  12. 時には,講師のブログにコメントや感想メールを書きますか?
  13. また,講師の講演やセミナーなどを聴きたいと思いますか?
  14. いつか,講師の会社に会いに行きたいと思いますか?
via: なぜブログを読み書きしないのか?知情意の欠乏という現代の病:久米信行の「企業経営に活かすブログ道」:ITpro

確かに今の時代は検索すればすぐに分かる。(便利な時代になりやした!)
講習や公演に行く際には是非とも講師の名前で検索するとしよう。

でも
ビビリな若者たちよ!! 実名ブログで自分を「見える化」する勇気を!!
これにはすぐに納得は出来なかったな~。
確かに海外では実名ブログは当たり前のようになってきたけど、日本ではまだまだなのが現状。
日本人のネチケット(死語w)が悪いとかそういった意味でもなさそう。

匿名でネットをしていた時代からいつのまにか実名の時代へ・・・
日本は浸透するんでしょうか?

WordPress2.3のビジュアルエディタを無効化する方法

どうやるか散々探したのに分からなかったが、ようやくビジュアルエディタを無効化することが出来ました。

WordPress: ヴィジュアルリッチエディタを無効化 - ネギ+シオ

ここに書いてある通り、
ユーザーメニューで今ログインしているユーザーの編集リンクをクリック。
次の画面で「ビジュアルエディタを使用する」というチェックボックスがあるので、こちらのチェックを外す。

これで出来上がり。

ほかには「/wp-includes/js/tinymce」フォルダをリネームするとか、プラグインでDisabledにしたりできるらしい。


Visual StudioでASP.NETの開発をしているときを思い出す。
今はもう改善されているとは思うが3年前にはaspxファイルを操作するところでビジュアルエディタを開くとえらい目にあったので、絶対に開いてはいけないというルールがそのときのプロジェクトではあった。

今回もある意味同じ。
開けばdivタグがpタグになったり、objectタグがembedタグの手前で閉じられたりと散々だった。

次にやりたいことはLeopard 風にすること

WordPress の管理画面のデザインを Leopard 風にしてくれるプラグイン » [WordPress] Tips Community

これはオサレ!
是非トライしてみたい。

Movable Typeで一番最初のエントリーの下にAdsenseを表示する方法

最近良く見るようになった、エントリーの下にAdsenseを表示する方法をご紹介。
そしてこのブログにも適用してみた。

Movable Typeの管理画面で「テンプレート」→「メインページ」を選択し、TopページのHTMLソースを表示する。
ボクは一応このHTMLソースをエディタに貼り付けて作業するようにしている。
誤ってテンプレートの中身を消しちゃったりすると、後々面倒なんですよね。

んで、HTMLソースの中から以下の場所を発見する。

        <MTEntries>
              ~
        </MTEntries>

この場所が各エントリーを表示しているところ、ボクは1ページに10件表示するようにしているので、MTEntriesの中身が10回ループすることになる。

ここで1件目のエントリーと2件目のエントリーの間にAdsenseを表示するように設定したいので、以下のようにMTEntriesタグの属性をいじって1件目と2件目のエントリーを分けるようにする。

        <!-- ここが1件目 -->
        <MTEntries lastn="1">
              ~
        </MTEntries>
        <!-- ここにAdsenseのタグを入れる -->
        <!-- ここが2件目以降 -->
        <MTEntries lastn="10" offset="1">
              ~
        </MTEntries>

こんな風に分けることで、難なくエントリーの間にAdsenseを入れることができました。

[via]
4plus tech

AddClipsってエントリーのタイトルにシングルコートが入るとスクリプトエラーがでるw

AddClips ソーシャルブックマークボタン統合サービス
自分のブログをたま~にIEとかで表示すると、毎回なんらかしらの問題に直面する場合がある。
そりゃまあいろんなWebサービスを使っているから、どこかでエラーが発生する確率は高いわけで・・・

でもそれだとブログの編集はFirefoxでやって、いちおうIEでも開くといった癖を付けないといけないからそれもちょっと面倒だな~。さらにOpera、Safari・・・
もしよかったら一旦シングルコートとダブルコートは「\'」や「\"」にエスケープしてからJavaScriptに突っ込んでもらえたら最高だな。

でもここらへんは変な話Webサービス側でエラーが出ないように吸収してくれたらうれしいと思うのである。

■エラーが出てたエントリー
Drumn Bass by KORG KAOSSILATOR - Beat Making | DigitalGrounder.COM

だってDrumn Bassを表現するときは、「Drum'n Bass」でしょ!w
以後気をつけます。

プロジェクトの節目の寂しさときたら

プロジェクトの節目の寂しさ
10月いっぱいでとあるプロジェクトが終了し、お世話になった会社さんから離れることになった。
もうかれこれ10か月ほどお世話になったその会社さんは、これまた面白い人たちで構成されている。

Geekな人から個性のあるITエンジニアまでたくさんいて、ほんとうに愉快じゃった。

そんな環境で作業させていただいたことを光栄に感じます。また、こういったつながりを作ることができて本当に幸せ。

こちらの会社さんから離れる最終日にわざわざ↑の写真まで撮っていただいて感無量といったところです。

次の案件でも是非このような思い出が作れればボクのモチベーションもアップアップになることでしょう。

確かにラスタカラーはやりすぎかもっ!w

追伸:
勝手に写真を拝借しちゃいましたが、もしまずいようでしたらお知らせください。

[via]
(cis) blog

ブロガーを鍛える21の方法にすべてが詰まっている

「ブロガーを鍛える21の方法」といのうが404 Blog Not Foundさんで紹介されていました。

まさにブロガーにおける戦略といったところでしょうか?

良ブログを「作る」というと、ブログさえよければいいように聞こえます。

が、実際のところ、ブロガー自身が改善を続けて、はじめてブログは良くなります。怠け癖はブログにも現れますし、ひどい場合には品質低下をブロガー自身ではなく外部要因にしたりするもの。

そんなわけで、先月私は自分自身のブロギングを改善するための「戦略」をリストにまとめました。それを以下に公表します。一夜にしてブロガーとして改善されるわけではありません。ブログが一夜にしてよくならないのと同じく。改善には長きにわたる努力が必要です。

via: 404 Blog Not Found:惰翻 - ブロガーを鍛える21の方法

個人的にこの部分が面白かった。

  • 愉しめ!

    自営のよいところは、いつどこで愉しむのかを自分で決められることにあります。ブログ休暇を取るのもいいでしょう(取り過ぎは禁物ですが)。ペースを換えるのもいいでしょう(時には軽い話題を混ぜたり誰かさんみたいに惰訳したり)。重要なのは、ブログが重荷に感じた時、一歩下がって再評価してみることです。


  • via: 404 Blog Not Found:惰翻 - ブロガーを鍛える21の方法

    ブログ休暇をとってゆっくりとエントリーを書いたりしてみたいです。
    とは言っても週末にブログをいじっていればそれがブログ休暇かもしれません。
    あんまり依存しないレベルで実現できれば最高ですね。

    ブロガーがついつい日常生活でやってしまうこと

    Geekなぺーじ : プログラマ的思考が人生を駄目にする?が面白かったのでブロガーの場合を考えてみた。

    たとえばプログラマーの場合は、


  • プログラミング的手法と日常は大きく異なる

  • プログラミング時の考え方と、通常の考え方は違うと言うのはプログラマなら理解できるが、一般人には理解不能

  • プログラミングでは問題解決をするために何度もやり直す事ができるが、人生では一度の間違いで取り返しのつかない事になり得る

  • via: Geekなぺーじ : プログラマ的思考が人生を駄目にする?

    このように思考回路を張り巡らした考えでは、人生の考え方にマッチしないというお話。

    なるほど、人生(日常生活)にはプログラマの観点で物事を考えると痛い目にある場合があるんですな~。
    これを踏まえてブロガーがついついやってしまうことを考えてみたい。

    • ブロガーは最近書いたエントリーに対するアクセス数が気になってしょうがないので、ブログに設置してあるカウンターにマウスをOnOverしてしまう
    • ブロガーは同様にコメント、トラバ、ブクマ数が気になってしょうがない
    • ブロガーは毎日会社に出社するとアクセス解析に目を通し、どこから被リンクが貼られアクセスがあるかを確認してしまう
    • ブロガーは同様にテクノラティもチェックしてしまう
    • ブロガーはRSS Readerで面白いネタを探すため、仕事中でも常にRSS Readerを開いている
    • ブロガーは仕事しながらRSS Readerでブログをチェックするため、Alt+Tabの回数が異様に増える
    • ブロガーは昼休みにエントリーを書く人は周りの人と昼食に行く機会が激減する
    • ブロガーはデザインがすばらしいブログを発見するとついついソース表示をしてしまう
    • ブロガーは新しいブログパーツを発見すると試さずにはいられないので、仕事をホッポリ出してブログの修正に努める
    • ブロガーはついつい携帯で自分のブログのモバイル版を開いてしまう
    • ブロガーはブログのURLを載せた名刺が作たく且つGeekな感じを出したいから、Flickrの写真を名刺に出来るMooサービスを利用してしまう
    • ブロガーはブログのURLを見て本当にこのドメインで良かったのだろうかと四六時中考えてしまう
    • ブロガーはネタフルさんについてどうやったら1日にこんなにエントリーを書けるんだろうとデート中でも考えてしまう
    • ブロガーは毎日帰宅するとPCを起動して2時ごろまでネタ収集に努めてしまう
    • ブロガーは毎日そして週末もネタ集めやエントリー作成に時間を割いてしまうのでリアルな世界の友達が減ってしまう

    続けようと思えばいくらでも続く…
    他にどんなのがありますかね?w

    自分のブログがどの程度インデックスされているか調べる方法

    自分のブログがどの程度インデックスされているか調べる方法
    今まで知らなかったのがお恥ずかしいですが、単純にGoogleの検索ページにアクセスし、
    検索Formに
    site:hisasann.com/housetect/
    と入力して検索すれば、そのドメインがGoogleにどの程度インデックスされているかが分かります。

    これで記事アップした際に少ししてからインデックス検索すれば、自分のブログの有益情報が取得できますね。
    いや~便利。

    Home > ブログ

    Tag cloud
    月別アーカイブ
    Powered by
    Powered by
    Movable Type Commercial 4.261

    Page Top